美容整形垢O子のべビちゃんとハワイ生活日記

美容にはまりだしたのは、短大卒業後にOLになってから。
その頃は、脱毛や小顔注射が人気でどこの美容クリニックがいいとか、あそこは高いだけとか、いろいろと情報交換するのが日課でした。

 

昼休みになると同僚とそんな話をして楽しんでいました。もちろん、脱毛や小顔注射にも興味があったけど、一番やりたいのが二重整形でした。だって、毎日アイテープで頑張るのも限界が来てたから。

 

友達の誘いで、知り合いのダイビング教室に行くことになって、水にぬれても大丈夫な!形状記憶二重が欲しい!と思ったから。

 

困ったことに、毎日アイテープでまぶたの皮膚は完全に伸びてしまっていて…このような状況でもきれいな二重を作れるか心配だったので、なるべくテクニックのある医師を探そうと奮闘しました。
インスタでフォローしてたモデルがたまたま、二重埋没をカミングアウトしていて、まんま、理想の二重だったので、都内の某クリニックに予約を入れました。院長指名したので、結局休みを入れて、希望の通りの二重埋没を受けることに決めました。

 

初めての美容クリニックで挙動不審に・・・

 

思った以上に緊張してしまい、前日はあまり眠れませんでした。
最後になると思って、すっぴんの目の写メを撮ってからクリニックに行きました。予約の時間より早すぎて、待合で待つことになるけれど、思いのほか、たくさんの患者さんがいてびっくり。

 

カウンセリングシートを渡されて記入しました。ありとあらゆる病気の履歴とかアレルギーとか、普段の生活のこととか、悩みの部分はどことか、書くことが多かったです。ババっと書いて、受付に渡して、あとはカウンセリングを待つことに。

 

待合室にいた女性は年齢様々で、男性の客も1割。おじさんでした。一体何をしに通っているのか気になりました。

 

肩こりが痛いので通っているというおば様連れの会話が耳に入ってきて、美容整形だけじゃないんだなと実感。
きょろきょろと人間観察をする私…
完全に挙動不審です。。

 

 

困ったことにおなかが痛い…

 

カウンセラーさんが呼んでいます。私、すっかり待合室で冷えてしまったせいか、緊張もありますが、おなか痛い…
正直に話したら、大丈夫ですよ、と優しいカウンセラーさん。
トイレにこもってすっきりしてからいざ、気を改めてカウンセリングに!
落ち着いて話をできる方がいいでしょ!

 

 

 

参考になったサイト

更新履歴